記事のリンク

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

access

« 映画「笑いの大学」見てきました。 | トップページ | アップし忘れ »

2004.11.22

ドラえも〜ん

 まぁ、多分、あちこちで話題にはなって(もう、過ぎてる?)いると思うが、
 あの「大山のぶ代ドラえもん」の主役声優5人が代替わりするそうです。

 誰に変わるかはまだ、発表されてないようですね、まぁ、ほぼ決まってたりするんじゃないかと思いますけど。

 で、そうですか、「大山のぶ代ドラえもん」も 25年ですか。そうですか。長いですねぇ。脇役の方々も結構なお歳でしょうから順番に代替わりなんでしょうか。

 長く見てきた「大きなお友達」にとっては、声が変わると番組の印象まで変わって寂しく思う物ですが、まだ、「小さなお友達」に取っては、あと、10年も続けて貰えれば、それが当たり前で、「へ〜昔はこんな声だったんだぁ、なんか変なの」なんて、今出てるビデオやDVDを見て思うんでしょうね。

 代替わりで有名? な所では、「ルパン三世」が「山田康雄」から「栗田貫一」に代替わりしたのが印象的です。
 もともと、「山田康雄」の物まねをしていた「栗田貫一」が代わりを務めたのは、誰もが認めるところで割と受け入れられたんじゃ無いかと思っているんですが、それでも、最初の頃は、いかにも「物まね」を聞いているようでちょっとなぁって感じた物です。今では、「くりかん」の「ルパン三世」で普通ですものね。

 と言うことは、「大山のぶ代ドラえもん」を、「物まね出来る人に変わる」って方法も有るか? とも、一瞬思いましたが、
これは、どうでも良いかなぁ(^^;、いっそのこと、全然声質が違う人がやるってのも良いかもね。

 「大山のぶ代ドラえもん」が始まるとき、できあがったアニメを見て「藤子・F・不二雄(かな?)」氏が「ドラえもんってこういう声だったんですね」って言ったとか、言わないとか。そう言う意味では、「ドラえもん」は、終わりにしても良いのかも知れない。
 一度終わりにして、「ドラえもんZZ(ダブルゼータな)」とか「ドラえもん遙かなる旅立ち(放射能除去装置取りに行く話な)」とか始めるのが良いんじゃないか? あっ、「ドラえもん#」でも良いぞ、もちろん、魔法使いの赤ちゃん育てるのな。

 そもそも、自分としては、「日テレ版ドラえもん」の方が衝撃的で「あのドラえもんが動くっっ。にゅーとどこでもドアが出てくるっっ。」ってね(^^)
 「大山のぶ代ドラえもん」が始まったときは、ちょっと気になりましたけど、「日テレ版が封印状態」なのは未だにちょっとね。まぁ、「大人の事情」については私には判りませんので、聞いたら納得、なのかも知れませんが。

あっ、でも、どんなキャスティングになるかは、とっても気になってますよ。そりゃ、何たって「ドラえもん」のアニメなんですから(^^)/

« 映画「笑いの大学」見てきました。 | トップページ | アップし忘れ »

コメント

「日テレ版ドラえもん」って「ぼくのドラえもんが、まちをあるーけば・・・」って主題歌ですよね。あのときのドラえもんの声は「マジンガーZのドクター・ヘル」の声を演じていた富田耕生氏だったので、悪役イメージを持っていた自分はとても驚きましたがその後、富田氏は怪我で降板し、前任者と似ても似つかない声の野沢雅子氏にバトンタッチされました。ドタバタギャグアニメみたいな作りだったんで、現在の作品に慣れ親しんだ人が見たら、けっこうのけぞるのではないかと思います(笑)。

製作した動画会社が倒産したので、フイルムは廃棄されたとの噂も耳にしますが、真相はどうなんでしょうか?

あと「幻のアニメ」だと、手塚治虫先生が原作の「ジェッターマルス」という、自身の「鉄腕アトム」のパチもんみたいな内容のアニメがあったのですが、これも見てみたいなぁ(^^)。

うひゃー、詳しいですね。
確かに、今のドラえもんとは違いましたね。
正確な記憶はだいぶ遠くに行ってしまっていますが(^^;

>製作した動画会社が倒産したので、フイルムは廃棄されたとの噂も耳にしますが、
>真相はどうなんでしょうか?
>
そうなんですか? えと、どこが作ったんだったかなぁ。もう一度見たいと思うんですが、どうにも情報があまりにも無くて。誰もこの件には触れようとしない様に思えるし。

「ジェッターマルス」もリアルタイムに見てたはずなのですが、「見てた」と言う記憶と主題歌を何となく覚えて居るだけですね。

↓に濃いページを見つけました。
http://www.geocities.jp/jetter_mars2015/

アニメにはなっていませんが「アトム・キャット」と言う、猫がアトムキャラをやるという漫画がありますね。これも、単行本かされてるのかな? されているんでしょうねきっと。
実は、これの連載雑誌の「第一回」を持っています。割と貴重かも知れないのですが、これ、「アトム・キャット」目当てではなく「西村知美」目当てで買った物でした(^^;

手塚氏の「幻のアニメ」と言えば「ドン・ドラキュラ」でしょう。何しろTVでは 3話しか放送されませんでしたから。近年 DVD になったようですが、詳細が判らず入手できずにいます。
これ、当時、ビデオに録ってあったはずなんだけど、どうしても見つからなくなっていて凄い残念なんです。何かの時に整理しちゃったのかも知れません。残念でなりません。

それにしても、インターネットはすごいですね。歴史の隅に埋もれた、これらの作品群の情報が手に入るのですから、というか着目している人が必ずいるのです。

「日テレ・ドラえもん」の情報
http://fhirose2.exblog.jp/1122629/
http://www.na.rim.or.jp/~hballoon/old-dora/

「ドン・ドラキュラ」のDVD発売元
http://www.geneon-ent.co.jp/top_fl.html
TOPページの検索で、タイトルを入れれば出てきます。打ち切りの理由も分かりますよ。発売元の「ジェネオンエンタテインメント(旧パイオニアLDC)は、大メーカーですが、マイナーな作品はそれなりに生産数は少ないと思われますので、早めの入手をお勧めします。

「アトム・キャット」とか「ジェッターマルス」もそうなんですが、漫画家さんって過去のキャラクターのセルフパロディとか、時々やってるんでこれらもそんな過程の中で生まれたのでしょうね。

おぉ、情報どもです。
↓これっす。ドン・ドラキュラ。ほすい。ってか買うっっ
http://db.geneon-ent.co.jp/search_new/show_detail.php?softid=127904

 ドン・ドラキュラは「ブラックジャックのエピゴーネンにしたくはなかった」と作者本人がゆってましたよ。もちろんその背景には主人公が黒マントで訳ありという共通点があるからで、全く違うものをという発想がセルフパロディになってるんですけど。さすがコネリーさま、するどいですね(いや、このエピソードをご存じだったのかな)。ちなみにアトムキャットは全集に入ってます。

ららさん、こんばんは(^^)
ひょっとするとBJには、元々ドラキュラのスタイルがインスパイアされていたのかもしれませんね。後からドラキュラを題材にすることになって、そのことに気づいて悩んでしまったのかも?キャラクター創造の苦心が伺えるエピソードですね。

それで表題に戻ると、ドラえもんの声に女優の泉ピン子氏が名乗りを上げているとの噂がありますが、本当なのかなぁ?そうなるとポケットから「シャネル」が出てくる・・・とか^^;

>ドラえもんの声に女優の泉ピン子氏が名乗りを
>
らしいですが、あの人では、別の番組思い出しちゃって、いゃんな感じですね。
しかも、結構いい歳何じゃないのでしょうか?
もっと若い人の方が良いよね、きっと。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラえも〜ん:

« 映画「笑いの大学」見てきました。 | トップページ | アップし忘れ »

Twitter

ブログツール

ウェブページのテスト

無料ブログはココログ