記事のリンク

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

access

« マニフェスト | トップページ | エレベーターの「閉じる」ボタン »

2010.07.23

たのしいUNIX

会社の若人に UNIX (OpenSolaris を使うのだが) の入門的説明をする事になった。
やる事は、ターミナルでコマンドをいくつか使ってみるのと、vi で編集する練習と、C で "Hello World!" する程度だ

なので、とりあえず「たのしいUNIX」を渡して、読んでと、言おうとしたのだが、どうにも見つからない。
会社の図書に有ったはずなんだが・・・まぁ、もう一冊有っても良いかと思い amazon に行く。
が、新品が見つからない。会社帰りに、書泉ブックタワーに寄って見るも置いてない。
しかも、どうやら、絶版になっているっぽい。版元品切れなので、絶版では無いのかも知れないけど。

初版が、1990年らしいので、20年前のコンピュータ関連書籍なんか置いてあっても売れないのかも知れないが、
古典として出しておくべきだと思うなぁ。

ブルックスの「人月の神話」なんかは、古典だけど、ちゃんと置いてあるのに。

ちなみに、「続・たのしいUNIX」は、置いてありました。

« マニフェスト | トップページ | エレベーターの「閉じる」ボタン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

あれはいい本なのに!
ちなみに綾瀬にある都立の高等職業技術専門校では教科書として採用されてました。

おぉ、教科書。
新しく入ってくる人には、たいていの人に勧めていた本でしたね。
今は、他にも良書は有るでしょうから、無理にと言いませんけど。

極たま〜に、この本を探している人が履歴に残っているね。
こういう本こそ、いわゆる電子書籍として出せちゃえば良いのにな。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たのしいUNIX:

« マニフェスト | トップページ | エレベーターの「閉じる」ボタン »

Twitter

ブログツール

ウェブページのテスト

無料ブログはココログ