記事のリンク

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

access

« 2013年6月 | トップページ | 2014年1月 »

2013.12.17

VMware Fusion 5 でゲスト側(windows7 32bit)のVMwareToolsが立ち上がらなくちゃドラッグ&ドロップでファイルのコピーもクリップボードの共有も出来なくてスゲー困るじゃないかよーのとき

ゲストOSにWindows7を入れたのだが、なんだか分かりゃしませんが、「VMwareToolsをなんか立ち上げたくないね、へっ」って言いやがって動きゃしません。

まぁ、正確には、ゼロからインストールした訳ではなく、別のノートPCのHDDをVMware-FusionPCMigrationAgent って奴で,まるっとお見通しだコピーしました。ゼロから入れた奴では、VMwareToolsがちゃんと動いてる風なのに???

Windows2000もWindowsXPもこんなので引っかかった事無いのよ。
あーもー、面倒くさい。

しょうがないから調べましたよ。
で、OS起動時に以下のコマンドを実行してVMwareToolsがが常駐するそうだ。
"C:\Program Files\VMware\VMware Tools\vmtoolsd.exe" -n vmusr
が、普通に「コマンドプロンプト(昔で言う所のDOS窓だな)」で実行してみるもうんともすんとも。
どうやら管理者権限じゃないとダメだよん。みたいなので、これを、「管理者コマンド プロンプト」っていう「コマンド プロンプト」を管理者で起動ってした状態で実行すると動く。

しかし、立ち上げる度にこれは、面倒くさい。
で、バッチファイルを作る・・・がこいつを管理者権限で実行する方法が分からない・・・ので、パッチファイルのショートカットを作って管理者権限で実行をチェック。
これで、ちょっとだけましになったけどねぇ(~_~)

« 2013年6月 | トップページ | 2014年1月 »

Twitter

ブログツール

ウェブページのテスト

無料ブログはココログ