記事のリンク

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

access

2014.11.07

OS X 1.7.5(lion)にTitanium の環境も入れてみたけどiOSアプリは作れないよ

Android SDK も入れた事だし勢いで OS X 1.7.5(lion)にTitanium の環境も入れてみるよ
と、入れてみたのは良いのだけど、問題が無い訳ではない。

現時点のTitaniumは、OS X 1.7.5 では、iOSアプリは作れない様だ。
これは、対応しているXcordが 5以降(6からかも)だからの様だ。
OS X 1.7.5 では、Xcord4までしか起動出来ないので、現時点の Titanium では、iOSアプリはiOSのどのバージョンも作れない。

たぶん、古いバージョンのTitaniumを入れれば作成は可能だろうけど、今度は、Androidの新しいバージョンへの対応が微妙な気がする。

なんだかなぁ。作りたいなら「Yosemiteにしてみて」ってことかいな。
んー、急いでないから、どうしても必要だったら考えよー

2014.11.01

os x 10.7.5(lion) で、Pleiades All in One 4.4 Luna のインストール

まだ、lion(os x 10.7.5)かよ(^^)

以前↓の記事で、Junoちゃんにしようとしたけど何か上手くいかないのよって書きました。

os x 10.7(lion) で、Pleiades All in One 4.2 Juno のインストール

が、流石に、eclipse3.7 もどうなん? そろそろまた、試してみるかと、 Pleiades All in One 4.4 Luna をインストールしてみました。

lion にインストールされているjavaのバージョンは以下の通り。Apple版javaです。
java version "1.6.0_65"


で、現時点の最新は eclipse4.4.1 だね。-> http://www.eclipse.org/downloads/

これの、Eclipse IDE for Java Developers OSX 64bit版を取ってくる。
これに、Pleiadesと、要りそうなプラグインをぼちぼち入れても良いんだけど、面倒だしそういうの苦手なので例によって Pleiades All in One 4.4.1 にする。

で、Pleiades All in One 4.4.1 のJavaなし他ありあり版を取ってくる。-> http://mergedoc.sourceforge.jp/

Pleiades All in One 4.4.1はwindows用なのでこのままでは動かない。
そんなことは当り前田のクラッカーってことで、最初に取って来た eclipse4.4.1 をごっそり上書きコピーする。

毎度ですが、Finderでやると上手くいかないかも知れないのでコンソール開いてコマンドでコピーする。

このままだと、Pleiadesプラグインが実行されないので、Pleiades All in One 4.4.1のeclipse.iniを参考にして以下のファイルを修正する。
↓は、アプリケーションの下の eclipse4.4 ディレクトリに Pleiades All in One 4.4.1 を解いてみた例
/Applications/eclipse4.4/pleiades/eclipse/Eclipse.app
このアプリケーションのファイル(実はディレクトリ)をコンテキストメニュー(control+クリックか右クリックした時のメニュー)から「パッケージの内容を表示」で表示して↓のファイルを修正する。
/Applications/eclipse4.4/pleiades/eclipse/Eclipse.app/Contents/MacOS/eclipse.ini

自分の例では…
↓をコメントにする
#-showsplash
#org.eclipse.platform

↓を最後の行に追加する
-javaagent:/Applications/eclipse4.4/pleiades/eclipse/dropins/MergeDoc/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

あとは、適当にいい感じにする(^^;

これで、Eclipse.app を起動すると、Preiades のスプラッシュを表示して日本語で立ち上がる(はず)

clean 付けて起動したいときは↓な感じで、どぞ。
/Applications/eclipse4.4/pleiades/eclipse/eclipse -clear

全てのプラグインがちゃんと動いているかは検証してません。
まず、起動する所までです。

2013.06.16

Xcode の バージョンアップ版 (4.6.3) が出てたので、Xcode 4.2.1から入れ替えてみる。

Xcode の バージョンアップ版 (4.6.3) が出てたので、Xcode 4.2.1から入れ替えてみる。

ちょっと前迄、OS X 10.7.2 (Lino) を使ってたのでXcode4.3以降を入れられなかったのだが、今は、OS X 10.7.5 (Lion) にした事だしXcode の バージョンアップ版 (4.6.3) も昨日だか一昨日だか(2013/6/14らしい)に、出てたので Xcode 4.2.1 から入れ替えることにした。

ところで、Xcode4.2.1は、どうしよう?
取りあえず、ググッ見た所・・
1). Xcode4.3 を最初に起動した時に消す or 残すが、選択出来るらしい。
2). 消すを選択すると /Developer 毎(なの?)がごみ箱行きになるらしい。
3). この方法だと、なんか残っちゃうらしい

詳しくは調べてないけど、どうも、これは、いわゆるアンインストールでは無くて、ただ、ごみ箱にボイしただけのようだ。
いわゆるアンインストールをするには、以下の様にするらしい

$ sudo /Developer/Library/uninstall-devtools --mode=all

した。確かに消えた様だ。

Xcode4.6.3自体のインストールは、App Store の Xcode からインストールすれば良い。
ん? 自分で作ったショートカットから起動しない。
古いのをアンインストールしたからかな?
/Developer を見に行く・・ん? ない? ググってみる。

ふむ、Xcode4.3 以降インストール先を変えたらしい。
Xcode 4.2.1 まで : /Developer
Xcode4.3 から     : /Applications
まぁ、良し。/Applications の Xcode.appを起動すれば、ちゃんと4.6.3が起動する。

ここで問題。/Developer に何も無いと言う事は、Xcdoe4.2.1時代に、それに有ったツールやら何やらは、どうなったのだろ? ググってみる。

どうやら、Xcode.appのなかに置く事にしてしまった様だ。
やりたい放題だな > Apple
まぁ、良かろう。

ちなみに、FileMerge.appとかのツールは、以下にある
/Applications/Xcode.app/Contents/Applications
これらは、Xcode4.6.3 のメニューから起動出来る。もちろん直接起動しても良いけど。ところで、アイコン作る奴ってどこいったの? まぁ、使ってなかった気もするので、無きゃ無いでいいのだけど。

しかし、Xcode.appに、インストールされてない物もある様で、以下のインストールをする事で、Xcode4.2.1時代にあったツールはインストールされる。
これで全部なのか憶えてないけど。
・command line tools for Xcode
・Graphics Tools for Xcode
※両方ともOSとXcodeのバージョンに合わせて新しいのを選ぶ

で、インストールっても、インストールするファイルは、どこにあるの? App Store には無いよ??
えと、Apple Developers からダウンロードします。しかし、ここからダウンロードするには、Apple Developers へログインが必要になります。
まぁ、ここに辿り着いた人は、へっちゃらでログイン出来ると思いますが、どうすんだよ、ゴルァってな向きは、「apple developer 登録方法」辺りでググるかhttps://developer.apple.com/register/index.action から登録をしてください。

ちなみに、英語のページしかないのは、Appleが怠慢(もしくは本当に余裕が無いのかも)だからです。

なので、時間と心に余裕が有る方は、日本のサポートにTELして文句たらたら言いながら、説明を聞きつつ登録するのも良いでしょう。

しかし、意味の分からない日本語の開発者ページ(自動翻訳だから?)を作って結局苦労して同じ内容の英語のページに辿り着く様なOS屋(Microsoftとか言う所?)のページより、英語のままの方が親切なのではないか? と言う、意見もある事を記しておきます。

2013.06.10

iTunesで取り込んだ聖子ちゃんのCDをiPhoneで聞いていたら、なんとノイズが入るではないか。何事っ。

聖子ちゃん = 松田聖子だよ。
聞いてる CD が「Seiko Monument」って言う20何年だか前のだから「聖子ちゃん」で良いんだよ。

でだ、遥か昔、そうまだ、iTunesが生まれる前のこと。
Appleが音楽配信に乗り出すらしいぞと噂になっていた時代にmp3に変換しておいた物をiPhoneで聞いていたのだが、ふと「取り込みなおすかぁ」と思って最近、取り込みなおした。
んで、iPhoneのファイルも入れなおして聞いていたんだな。
まぁ、取り込みなおしても変わらんね。ってか、おれには判らんだけかも。

と、聞き進めるとDisc2の最後の曲(Marrakechだ)の終わり40秒くらいの所で、3回くらいノイズ(と言うか、音が揺らぐ感じ)が入るではないか。
ぐはっ、何事。

で、昔、取り込んだ方を聞くとノイズは無い。
CDを直接聞いてみると、取り込んだmp3のとは違う感じだけど、やはりノイズが入る。

CDの表面を見ると、ぱっと見判らないけど、薄ーーーーーく、線が入っている箇所がある。
これか? こんなんでノイズになるのか? もっと傷だらけのCDも有るのに。
まぁ、とにかくどこかのタイミングで傷を入れてしまったらしい。
困った・・・

はっ、そう言えば、CDの傷を修復する奴が有ったはず。なんか、歯磨き粉みたいなので磨く奴。
でも、そいつも、20年近く前のだしどこに有るか判らん。捨てたかも知れないし・・
と、思いながら、開けた最初の引き出しに・・有った(゚Д゚)

でも、20年近く前の物なので、大丈夫だろうか? おそるおそる磨いてみる。
ウーム、何となく大丈夫そう。傷も、最初よりずっと薄くなったし。

再度、聞いてみる。おぉぉ、ノイズ無くなったよ。
取り込んでみたけどそっちも大丈夫みたいだよ。なんでも、試してみるものだなぁ。

で、磨くのに使ったのは「audio-technica CD/LD リペア・クリニカ AT6049」って奴だ。
まだ、売ってるならそのうち新しく買っておくかぁと調べてみたけど、もう売ってないみたい。audio-technicaのサイトにも無かったよ。
変わりの製品が、出てたりしないのかな? こう言うの無くなると困るんじゃないかね。

とにかく、次は、何時使うか判らないけど、大事にしておく事にするよ。

2013.06.06

VMware Fusion で、ゲストに変換キーが送られなくて、どうしたら良いか途方に暮れたときは。

一度ちゃんと設定しているくせに忘れちゃってあわあわしちゃったのでメモ

前提として、MacBook(JISキーボード)には、変換キーってのは無いので、ひらがなキーを変換キーとして送る様にする。

VMware Fusion4 とか 5(しか無いので他はわからん)での設定
1. 環境設定 -> キーボードとマウス -> キーマッピングタブ
2. 左下の方の「+」
3. 移動元に「ひらがな」を選択。移動先に「変換」を選択して、「OK」

で、良さそうなんだけど、ダメなら以下を確認。
・環境設定 -> キーボードとマウス -> Mac OS ショートカットタブの
   「Mac OS キーボード ショートカットを有効にする」が選択されているか。
・ゲストOS(特にWindows系)で、キーボードドライバが、「日本語 PS/2 キーボード(106/109キー)」になっているか。
・VMware Tools は、使っている VMware Fusion のバージョンと合っているか。

続 : 折角だから、OS X 10.6 ( Show Leopard ) を VMwareFusion4 で動かしてみる

注) 今回は、先に書いておくけど、ここでやってる事は、ライセンス違反なので、良い子はまねしちゃいけません。
この記事は、あくまで実験です。そう、実験ですからね。

で、前回の「OS X 10.6 ( Show Leopard ) を VMwareFusion4 で動かしてみる実験」の記事↓では、VMwareFusion4.1.0でないと動かないとした訳だが・・
折角だから、OS X 10.6 ( Show Leopard ) を VMwareFusion4 で動かしてみる

ほげほげ、するとVMware4.1.3でも動かせる様になりましたよ。
・↓から「unlock-all-v110.zip」ってのを取ってくる。
http://www.insanelymac.com/forum/files/file/20-vmware-unlocker-for-os-x/
・取って来たら、適当な所で解凍。
・↓的に実行
   $ sudo install.sh

これで、どうやら、VMwareにパッチを当ててるくれる様で、その後は、普通に起動します。
因に、VMware5 でも、起動出来ますね。

2012.12.04

iPhone5対応 Lightning USBケーブルとかアダプタとか安いのが出回る様になりましたね

iPhone5対応 Lightning USBケーブルとかアダプタとか安いのが出回る様になりましたね
でも、ちょっと前に「純正アダプタだけど溶けちゃったよ」って本当か嘘かわからない情報が有ったりしてますけどね。

とりあえずケーブル
Apple謹製 お安いやつ
その1
お安いやつ
その2
くるくるって
なるやつとか

Micro USB 用のアダプタも
Apple謹製 お安いやつ
その1
お安いやつ
その2
残念。
Amazon には、
無かったよ

iPhone4までのアダプタを変換するやつ
Apple謹製 お安いやつ
その1
ちょっと安過ぎ?
お安いやつ
その2

2012.11.26

「あちゃ、iPhoneで撮った写真をDropbox経由でMacBookと同期取ったらファイルの先頭が"写真 "になっちゃってて、おれは気に入らないよ。きー」な、とき

と、言う事で、沢山あるファイルの名前をまとめて変えたいんだけど、os x 10.7(lion) なら簡単にできないの?

できます。OS Xは、BSDだからね。
以下の感じですね。

1. ターミナルを起動

2. コピーしたファイルの有る所に移動
  MacBook:/ user$ cd hogehoge

3. 次のコマンドをいい感じに変えて実行
  ↓だと、"写真"が先頭の".jpg"で終わるファイルの"写真 ”の部分を"iphone-"に変更します。
MacBook:/hogehoge/ user$ for F in 写真*.jpg; do mv "$F" "${F/写真 /iphone-}";

  同様に↓だと、"動画"が先頭の".mov"で終わるファイルの"動画 ”の部分を"iphone-"に変更します。
MacBook:/hogehoge/ user$ for F in 動画*.mov; do mv "$F" "${F/動画 /iphone-}";

Automator で AppleAcript って思ったけど、メモっておいて必要なたびにコマンド叩く方が簡単なので止めました。

追記 2013/01/29
よく考えたら、ファイル名にスペースが入っているのも気に入らないので、
ファイル名に含まれるスペースを "_" に変換するコマンドもメモしておく。

MacBook:/hogehoge/ user$ for file in *; do mv "$file" `echo $file | tr ' ' '_'`; done
これで、スペースが "_" になる。

流れて来た iPhone4 に、ほげほげキャンペーンで新規のTEL番入れたら、iPhone用の地デジチューナーが送られてきましたよ。

流れて来た iPhone4 に、ほげほげキャンペーンで新規のTEL番入れたら、iPhone用の地デジチューナーが送られてきましたよ。
SoftBank SELECTION デジタルTVチューナー SB-TV02-WFPLってやつで、TCP/IP なネットワークに繋いで iPhone で地デジTVを見よう。って道具だね。で、ピクセラ製。
Amazon だと↓位する。

これの、録画出来る版(SB-TV03-WFRC)もあるのね↓

となると、何となく体のいい在庫整理かもしれないね。


しかし、アンテナ繋いでLANケーブルをハブに繋いで電源入れて、iPhone にアプリ入れて、ファームの更新してチャンネルの更新して、TV見られる迄、10分程度でしたよ。 ピクセラってあんまり好きじゃなかったんだけど、簡単なのは良いなぁ。

そいで、↓を使えば、MacBook からでも見られるんですね。


でも、電子レンジ使うと、途切れちゃうんだよね。
って、そりゃ、無線LANの問題なんだろうから、きっと、全体的に家の無線LANで、5Ghz にしたら良いんか?
と、思ったのだけど、iPhone4 が 2.4Ghz しか対応して無いじゃん orz
なかなか、上手くいかないなぁ。

2012.11.20

ソフトバンクのiPhone4に、ガラケー(731SC)から電話帳を移したんだけど、50件くらい足りないよorz

iPhone4が流れて来たので、ガラケー(731SCと840P)の電話帳をまとめてしまおうとして、ひとまず、731SCから移したら、50件くらい足りない。んむ。

とりあえず、ここ迄の手順。
1. ソフトバンクの店舗に行く
2. 店舗にある機械で、731SCからサーバーに送る
3. iPhone4 でApp Storeから「簡単電話帳移行するもんね(みたいな、簡単じゃないアプリ)」をインストール
4. インストールしたアプリでログインすると電話帳に登録される

確かに、登録された。234件と表示。
電話帳で確認すると、おっ、186件しか無い。
どうも、特定のパターンのふりがなのデータが「表示されない」風。
データ的には、234件有るのかも知れない。

試しに、MacBookに繋いでiTunes(10.6)で、同期してみる。
やはり、MacBookのアドレス帳にも186件だけ登録される。

やべ、めんどくさい話しになった。
ソフトバンクかあっぷるにごねてみようかとも思ったけど、↓のページからどうにかなりそう。
「メモリ移行について」
http://mb.softbank.jp/mb/iphone/service/app/pdc/sync_memory.html

ページの説明には、「「電話帳かんたんコピー」がご利用いただけないお客さは、こちらをご利用ください。」とある。ご利用はいただけたけど上手くないのでご利用する。

ここで、ガラケーから電話帳を取出すアプリをダウンロード出来る。
が、「Windows版」のみである。iPhoneユーザーもなめられたもんだ。まぁ良い。
とりあえずダウンロードする。

が、ダウンロードするのに iPhone の端末番号を入れろと言う。その上、ダウンロードは、一度だけだ。途中で失敗しても一度だけだ。そうな。しかも、windows版のみ。iPhoneユーザーも嘗められたもんだ。(まぁ、最終的にこれは、使わなかったけどね)

windowsかぁ・・・と思っていたけど、ちょっと下の方に「電話帳移行サポート(i)」って段落がある。
「店頭で電話帳をサーバーに送った人は、こっちでも行けるよん」ん?
説明のPDFを見ると・・「サーバーに送った電話帳は、CSVでダウンロードできるんだぜ」って書いてある。
どうやら、「メモリ移行について」のページの「今すぐ移行する」ボタンを押すらしい。
押してみると、MySoftbankに繋がる。ここで、iPhoneの電話番号と設定済みのMySoftbankのバスワードでログインする。
ログインすると、ダウンロード出来るページに繋がる(なんで、今すぐ移行するボタンで、ダウンロードのページに繋がるかはセンスが謎すぎ)
ページでは、「かんたんダウンロード」と「全件ダウンロード」が選べる。
「かんたん・・・」が簡単だった試しが無いので、当然「全件」を選んでダウンロードする。

おぉ、確かに、件数も合っている電話帳のデータが来たよ。

これを、MacBookのアドレス帳に取り込んで、iTunesで同期すると・・・出来るじゃない。

んじゃ、840Pの方も同じ様に・・・
店頭に行く -> 840Pからサーバーに送る -> MySoftbankからダウンロード出来た。
んだけど、これが、前にサーバーに送った731SCの電話帳とマージされてやがる。
しかも、「これ、同じじゃね?」って判断されたデータが一つになっている。

んもー、めんどくさい。何が、消えて何が残ってるか調べないと判んないじゃないの。
仕方ないので、Excelでごにょごにょして調べる。

まぁ、一度整理してしまえば、何度でもアドレス帳 -> iTunes -> iPhoneと登録はやり直せるので、問題はない。

と、言う事で、次回(が、あるか判らないけど)の為に整理
1. ソフトバンク店頭でガラケー -> サーバーに送る
2. MySoftbankのページで、データをダウンロード
3. データを整理
4. MacBookのアドレス帳に取り込む
5. iTinesで、iPhoneと同期

SCとPで同じに出来たから、どのガラケーでも基本的に同じにできるみたい。

で、結局なんで、足りなかったのかは判らない。
調べていたら、足りないデータは、ダブっていたものだったりもした。
でも、全部がダブっていた訳でもないんだよねぇ。

より以前の記事一覧

Twitter

ブログツール

ウェブページのテスト

無料ブログはココログ